最新情報ニュース 緊急連絡



山口県立岩国商業高等学校 全日制のWebSiteへようこそ

      岩商は、今年度創立90周年を迎えます。
本校は、商業に関する専門高校で、山口県東部に位置する岩国市の平田地区にあります。
創立は昭和4年4月8日、地元産業人の養成という時勢の要求に応じた岩国町が、臥龍橋畔、旧玖珂郡役所の建物を校舎とし、岩国町立岩国実業公民学校として開校しました。その後幾多の変遷を経て、昭和51年4月に瀬戸内海を眺望する現校地の平田の地に移転が完了し、新校舎として岩国商業高校が正式に発足、現在に至っています。
現在、全日制には国際情報科110名・総合ビジネス科220名、計330名の生徒が在籍し、校訓「誠実」のもと、日々学業や部活動に励んでいます。
なお、定時制は東分校として岩国市日の出町にあります。


Topics 厳粛かつ盛大に「第71回卒業証書授与式」挙行

3年生120名が学び舎を巣立つ!
3月1日(金)岩国市長 福田良彦様をはじめ多くのご来賓ご臨席の下、第71回卒業証書授与式が厳粛かつ盛大に挙行されました。
式では木村校長から各科の代表生徒に、卒業証書が授与され学校長から式辞を、そして来賓の福田市長様、竹島PTA会長様から祝辞を賜りました。
続いて在校生代表の舛本くんの送辞に対し、卒業生代表の松尾さんが答辞を読み上げると、感極まった卒業生からは涙が溢れていました。
最後に、在校生が、はなむけとしてGReeeeNの「遙か」を合唱し、式は幕を閉じました。
卒業生の皆さんのご活躍を、在校生、教職員一同、心からお祈りいたします。ご卒業おめでとうございます。

Topics 2年生「修学旅行」実施

鎌倉、横浜、東京を満喫!
2月13日(水)〜16日(土)3泊4日の日程で、二年生の修学旅行が実施されました。
1日目、朝7時半、岩国空港を飛び立った生徒たちは、羽田空港到着後東京タワーへ。都会の風景に感動しつつ昼食をとった後、都内を自主研修しました。夜は劇団四季の「ライオンキング」を観劇し1日目が終わりました。
2日目は鎌倉と横浜を訪問。鎌倉大仏、鶴岡八幡宮を訪れた後、カップヌードルミュージアムへ。夕食は横浜中華街で本場の中華料理を堪能しました。
3日目、生徒たちが最も楽しみにしていた「東京ディズニーリゾート」を訪れ、終日楽しみました。
そして最終日、国会議事堂、東京スカイツリーを見学後、浅草を訪問。そして午後3時、羽田空港を出発し、岩国への帰路に就きました。
旅行中体調を崩す生徒もなく、充実した修学旅行が実施できました。

Topics 1年生「地域学習」街歩き授業実施

フィールドワークで岩国の魅力再発見!
2月4日〜6日の三日間、一年生がクラス毎に市内各所に出向き、地域の魅力を再発見する目的で、街歩き授業に取り組みました。
1年生は、学校設定科目「地域学習」を学んでいます。この授業は地域の歴史・文化・産業等に関する知識を習得し、地域社会の現状と課題について理解し、地域社会の発展には何をすればよいのかを考えます。1組は岩国駅周辺、2組は横山地区、3組は錦見地区をそれぞれ散策し、未来に向け発信できる新しい魅力探しに取り組みました。
今後は、今回の街歩き授業の結果をレポートにまとめ互いに発表します。生徒たちは、まだまだ岩国には知らない面白い場所や取組がたくさんあると目を輝かせていました。
生徒の取材にご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

ありがとうございました。 「第29回プラザ岩商」終了

プラザ岩商2018

今年度の「プラザ岩商」の来場者は約7,200人。
今年度のプラザ岩商は去る12月8日(土)9日(日)に開催し、二日間で約7,200人の方々にご来場いただきました。今年度は、例年以上に気温が低く、お越しいただいた皆さまには寒い思いをさせ、申し訳ございませんでした。しかしながら生徒たちは、皆さまに寒さ以上のご満足をいただけるよう、あいさつ、接客、そして店づくりに精一杯頑張りました。その取組が少しでも伝わりましたらうれしく思います。
プラザ岩商は、地域の皆さまのご協力あっての販売実習です。ご来場いただきありがとうございました。
また、商品の仕入れや店舗設営のアドバイスにご協力とご尽力いただきました、事業所様、PTAの皆さまほか関係各位に心より感謝申し上げます。
さて、平成最後のプラザ岩商も終了しましたが、来年度は岩国商業創立90周年、プラザ岩商30回目という二つの節目を同時に迎えます。2019年度のプラザ岩商にご期待ください。

・ 平成30年度プラザ岩商スペシャルサイト(アーカイブス)

Topics 初の試み!クラスマッチ in 「愛宕スポーツコンプレックス」

愛宕スポーツコンプレックスでクラスマッチ
12月19日(水)、第2学期の本校クラスマッチを「愛宕スポーツコンプレック」のカルチャーセンター(体育館)と55フィールド(陸上競技場)をお借りし、開催しました。
生徒たちは歩いて会場に移動し(距離わずか数百メートル)男子はサッカー、女子はバレーボールに汗を流しました。
生徒たちはクラスの威信を懸け、全力でプレーしましたが、体育館は暖房完備、陸上競技場のフィールドは人工芝と、とても快適な環境のもと、全生徒ケガもなく大会は無事に終了しました。
これまでとは少し雰囲気の違う中でのクラスマッチとなりましたが生徒たちには、たいへん好評でした。岩商の新たな取り組みとして、来年度以降も続けていきたいと思います。

Topics 夢は世界へ!「東南アジア青年の船」交流プログラム

本校生徒、事業プログラムに参加
10月26日(金)、本校生徒4名が、愛宕スポーツコンプレックス内のカルチャーセンターにおいて開催された「東南アジア青年の船」で来日した若者たちとの交流プログラムに参加しました。
交流プログラム最初の和菓子作りでは、まだお互い緊張が解けませんでしたが、その後の名刺交換ゲームでは1対1での会話を楽しむ姿が見られました。
続いて各校の特色を発表するコーナーがあり、参加した4名は、本校のようすを英語で堂々と発表してくれました。
後半のディスカッションでは、本校生徒から積極的に会話する場面も見られ、参加した生徒は有意義な時間を過ごしました。
英語を話すことで世界が広がっていく事を実感できた貴重な一日となりました。

Topics 秋空の下、岩商スポーツ大会開催!

クラスの威信を懸け、競う!
10月24日(水)、岩商スポーツ大会が行われました。
この行事は、本校の9つのクラスが赤青緑の3チームに分かれ各競技に挑み、得点を競う運動会で、企画運営を生徒会が中心となって行っているのが特長です。
また、各クラスが趣向を凝らしてクラスオリジナルのTシャツを作り、大会のユニフォームにするのも目玉の一つです。今年も各クラスのアイディアあふれたTシャツが出揃い、華やかな大会となりました。
今年は赤組の優勝で幕を閉じましたが、生徒がクラス一丸となって取り組む姿は感動的でした。
なお、150名を超える保護者の皆様にご観覧いただきました。ありがとうございました。

Topics 芸術部「広報いわくに」の表紙に登場

広報いわくに

投票を呼びかける横断幕作成
7月24日(金)、本校芸術部が、岩国市選挙管理委員会との連携により、選挙啓発のための横断幕を作成しました。
芸術部書道班の部員が、用紙いっぱいに文字を書き、その背景を美術班の部員が描き完成させたこの横断幕は、生徒が同世代の若者に対し投票を呼びかける内容になっており、芸術部員の情熱と個性があふれた大作です。この横断幕は、今後、市役所や本校行事で掲げられ、選挙啓発に活用される予定です。
このたび、作品とそれを制作した芸術部員が「広報いわくに9月15日号」の表紙を飾っています。ぜひご一読ください。

・外部リンク 広報いわくに9月15日号

Topics 茶道部がソフトボールアメリカ代表と交流

体育館耐震化工事

ソフトボールアメリカ代表選手にお茶の接待。
7月28日(土)13:00、愛宕スポーツコンプレックス内のカルチャーセンターにおいて、本校茶道部生徒が、現在、市内で合宿中のソフトボールアメリカ代表の選手7名と、茶道を通じた文化交流を行いました。
本校生徒は、少し緊張しながらも、日々の部活動で学んだことを生かし、お手前を披露。選手のみなさんに和菓子と抹茶を振る舞い、英語で説明しました。
選手のみなさんも浴衣を着て、初めて体験するの日本の文化に感動された様子で、興味深く生徒の所作に見入っておられました。最後は、生徒と選手が互いに写真を撮り合うなど終始和やかな時間となりました。
なお、ソフトボールアメリカ代表のみなさんは、8月2日から千葉県で開催される2018世界ソフトボール選手権大会に出場されます。ご活躍を期待しています。(2018世界ソフトボール選手権大会にてアメリカ代表見事優勝 おめでとうございます。)

Topics 部活動 全国大会出場

体育館耐震化工事

本年度も多くの部活動が全国大会への出場を決めました。
・女子ソフトテニス部 インターハイ出場(団体・個人)
・女子卓球部 インターハイ出場(個人)
・簿記・計算部 全国簿記コンクール出場(個人)
簿記・計算部 下薗さん 全国大会入賞!
・7月15日(日)第34回全国高等学校簿記コンクール
・会場東京富士大学
・出場 簿記・計算部 下薗(3年) 結果 優良賞受賞

全国大会の結果はこちら

What's New  最終更新 2019年4月9日

  • 2019.04.03
  • 平成30年度の学校評価書、学校アンケート(結果)を公開しました。
  • 2018.08.01
  • 山口県立岩国商業高等学校全日制WebSite リニューアル
このページのトップへ